ギター アドリブ練習 脱初心者!ギター上達への道

ブルースアドリブ講座

今回はアドリブについてです。


スケール表を眺めたり音楽理論を勉強しても
よく意味がわからなかったり
使い方がわからないことはよくあると思います。


アドリブを習得するには、
自然とスケールを覚えて使いこなせるような
実践的な練習をする必要があるんですね。


その方が楽しくアドリブ力を身につけることもできます。


僕自身、音楽学校スケール音楽理論を勉強したのですが、
それだけでアドリブが弾けるようになったわけではありません。


そこで、僕が実際にどのようにアドリブを練習してきたのかを
タブ譜や動画、音源を使って公開します。


無料ですので、気軽にチェックしてみてくださいね。

ブルースアドリブ講座

| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

ブルースセッションのやり方

いきなりですが、あなたは知らない人と
ブルースセッションをしたことありますか?

アドリブ上達はたくさんの経験を積むのが一番の近道ですが、
バーなどでセッションに参加するのはとても緊張すると思います。

はじめの内はステージに上がっても
何をすればいいかわからない場合もあるでしょう。

そこで今回はセッションの仕方をお話ししようと思います。


場所によって違うと思いますが、
大抵のセッションではまずお店に行き、
紙に自分の名前と担当パートを書きます。


「鈴木 gt/vo」みたいな感じですね。


そして、司会役みたいな人に呼ばれて
ステージに上がるわけです。


ステージに上がって初めて
他のメンバーと簡単な打ち合わせをします。


まず決めるのが「KEYテンポ」です。


「じゃあAのシャッフルで!テンポはこんな感じで」

曲名を言われることもあります。

「sweet home chicagoでKEYはEね」


こんな簡単なやり取りがあるのですが、
大抵これを決めるのはヴォーカルですので
それに合わせるようにするといいです。


テンポがよくわからなければ、最初の1,2小節は弾かずに
周りの音を聞いて、しっかり把握してから入るのもありです。


さて、次はソロの受け渡しですが、
これは大抵ヴォーカルがこっちを見て合図してくるので、
見逃さないようにしましょう。


ずっと手元を見ていて、合図に気づかない人もたまにいるので
気をつけたいところですね。


ソロの長さは(コーラス数)は、
他のギタリストと同じくらいに合わせるのが無難です。


大抵は2,3コーラスくらいですね。


自分のソロを終える時も、ラスト2,3小節辺りに
ヴォーカルの方を見れば大体わかってくれます。


自分では終わるつもりだったのに
もっと続けろなんて合図が来ることもあるので、
そんな時はがんばって乗り切りましょう。


最後に、曲が終わる時もヴォーカル
振り返ってドラムに合図したり全員に合図するので、
見逃さないように気をつけてください。


セッションの大まかな流れはこんな感じです。


基本的にはヴォーカルのようなリードマンがいるので、
その人に合わせていれば大丈夫です。


実際にやってみるとその場の雰囲気で
合図などもわかると思うので、臆せずに挑戦してみてください。

たまにコード進行が若干複雑なスタンダード曲
やることもあるのですが、それはまた後日紹介したいと思います。


アドリブについてはこちらの講座も参考にしてください。
ブルースアドリブ講座


それでは今回はこの辺で。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

120%スケールを使いこなす方法


■120%スケールを使いこなす方法

テクニック的な上手さは、
一般的に練習量に比例します。


もちろん練習の質によって上達速度は変わりますが、
1日の練習量、練習内容が全く同じなら
ギター暦1ヶ月より1年の方が上手くなります。


「上手く弾くコツを知ってるから練習なんてほとんどしてないよ」

こんなことを言う1流ギタリストはまずいません。


毎日コツコツと練習して、
時間をかけて上手くなっていくしかないんですね。


しかし、フレーズ作りやアドリブは少し違います。


もちろん最初からいきなりカッコいい
オリジナルフレーズを作るのは難しいです。


「フレーズ作りの練習」「アドリブの練習」というのは
テクニックの練習とは別にやる必要はあります。


でも、カッコいいフレーズやアドリブというのは、
必ずしも難しいテクニックだけで作られているわけではありません。


つまり、今のギターレベルに合わせて、
カッコいいフレーズやアドリブを作ることができるわけです。


テクニック的にはあまり上手ではないのに、
上手い人よりもカッコいいフレーズを弾く人を
僕はジャムセッションなどを通して何人も見てきました。


では、どうやってカッコいいフレーズやアドリブを作ればいいのか?


大抵ここでスケールなどの理論的な話が登場するので、
多くの方が避けてしまうんですね。


だからギター暦が何年もあって、抜群のテクニックを持ってるのに
全く自分でソロを作れない人がたくさんいるわけです。


でも、

カッコいいフレーズを作るために覚えるスケールは、
実は1つで充分だったりします。


僕は以前、たくさんのスケールを使いこなす人を見ては
「すげぇ〜センスがいい!」と思ってました。


しかし、1つのスケールだけで
いくらでもカッコいいフレーズは作れるんですね。


僕の大好きなギタリスト、ザックワイルドは
頑ななまでにペンタトニックを弾き倒します。


「ペンタトニック以外ロックじゃねぇ」と
インタビューで言ってたこともあるくらいですから(汗)


でも、チキンピッキングやストレッチなどを使って、
同じペンタトニックでも様々な工夫をしているんですね。


エリックジョンソンが弾くペンタトニックのフレーズは、
聞き流しているとペンタトニックだと気付かないくらい
独特なフレージングをしています。


これってとてもセンスが良いと思いませんか?


みんな知ってる、同じスケールなのに人とは違う音遣いをするわけですから、
ある意味たくさんのスケールを使いこなすよりもカッコいい気がします。


新しいスケールを覚える前に
今知ってるスケールを120%使いこなす練習をしてみませんか?


新しいスケールを覚えなおす必要もないですから、
取り組みやすいですしね。


ということで、そんな方法を動画解説してみました。


この動画の5つの方法を試してもらえれば、
確実に今よりもワンステップ上のフレーズ作りができるようになりますよ!


こちらにアップしているので、
興味があればチェックしてみてください。


ギタースタイル プラチナメンバーシップ
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

スキャット奏法

今日は少し変わった、
面白い練習法を紹介しようと思います。


■スキャット奏法


以前もこのメルマガで紹介したような気がするのですが、
このスキャット奏法というのは色々な意味でとても効果的な練習方法です。


スキャット奏法というのはスキャットとギターをユニゾンで弾くことで、
実際にこういう奏法名があるのかはよくわかりません。


僕が勝手にこう言ってるだけなのかもですが、
伝わりやすいと思うので(汗)


ちなみにジョージベンソンというギタリストは
この奏法の達人です。

http://jp.youtube.com/watch?v=qzxaaBVmzxw


この奏法は実際にギターフレーズとユニゾンで歌うわけですから、

 ・どこを弾けばどんな音が出るのか、
 ・今から弾くフレーズはどんな音なのか?

などを完全に把握していないと出来ません。


実際に僕はこの奏法をかなり練習して、
ギターのフレーズや音の関係を体感的に覚えました。


音の関係というのはつまり、
「4弦5フレット⇒3弦3フレットと弾くと、どんなフレーズ(音)になる」
と言った、ギターを元にした相対音感という感じですね。


僕はそれほど音感がある方ではないですが、
ギターを介することで、弾きたいフレーズや聞こえたフレーズを
大体瞬時に弾くことができます。

(例外は多々ありますが^^;)


ここまで出来るようになるには色々な要素がありますが、
スキャット奏法の練習はとても大きかったと思います。


さらに、

この奏法が出来るようになると、
ギターがメチャメチャ面白くなります。


自分の思い描いたフレーズや聞こえたフレーズが
すぐに弾けるんですからね。


バックで演奏が流れて、頭の中で流れたフレーズが
すぐにギターで弾けるのですから、アドリブも急激に上達します。


1人でブツブツとスキャットするのを誰かに聞かれると気まずいので、
窓を閉め切って、部屋にこもって練習することをオススメします^^


最初は音数を少なくして、出来るだけ正確にユニゾンするように
心がけてみてください。


効果絶大ですので、かなりオススメの練習法です。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

脱アドリブ初心者の最短の方法

こんにちは。
鈴木です。


ここ一週間くらいで動画を100個くらい撮ってました(汗)

やっぱりギターの解説は動画の方がわかりやすいですし、
文章や譜面ではどうしても伝えられないことが多いですからね。

解説はよく噛みますが・・・(苦笑)


さて、脱アドリブ初心者の最短の方法を紹介しようと思います。


僕が知る限り、これ以上良いアドリブ練習法はないんじゃかなと言えるほど
簡単で楽しい方法です。


では早速行ってみましょう!


-------------------------------------------------------------
今日の目次

1、脱アドリブ初心者への最短の方法
-------------------------------------------------------------

1、脱アドリブ初心者への最短の方法


僕がもらう質問で一番多いのがアドリブについてのものです。


youtubeにいくつかの動画をアップしてるのですが、
その中でも「アドリブ練習法」の動画がダントツで閲覧回数が多く、
コメントも多い状態です。


「アドリブを弾けるようになりたい!
だけど、どんな練習をすればいいかわからない」

こういう人が多いということだと思います。


この気持ち、僕は本当によく理解できるんですね。

というもの、僕がそうだったから。


テクニックはコピーしたり、エクササイズをやれば身に付きますし、
弾けなかったフレーズが弾けるようになるので
上達が目に見えてわかりますよね。


でもアドリブはそういうものではなく、まず答えがない(苦笑)

要はカッコよければ何でも良い世界です。
(作曲もそうですね)


理論的に正しくても、かっこ悪ければ意味がないですし、
そもそも理論はとっつきにくい。


そして、実践する機会が少ない。


アドリブ初心者がいきなりライブハウスに行って
ジャムセッションするってかなり勇気が要りますよね。


弾けるかどうかもわからないのに
人前でぶっつけ本番で弾くわけですから。


ある程度1人で練習して、

「よし!少しずつアドリブできるようになってきたぞ!
今度はジャムセッションに参加して試してみよう!」

普通はこんな流れだと思いますし、
僕ももちろんこんな感じでした。


家で相当アドリブの練習を積んで、
少し自信が付いてからジャムセッションデビューしたんです。


じゃあどうやって家でアドリブの練習をすればいいのか?

その答えが「コピー」です。


アドリブ練習のためのコピー方法は
この動画で解説しています。

アドリブの練習方法

この動画ではカッコいいフレーズをひたすらコピーして、
自分のプレイに取り入れることを解説しています。


そして、肝心の「カッコいいフレーズとその取り入れ方」ですが、
それをまとめたものを大量の動画を使って解説してみました。


いち早くアドリブ初心者を卒業したい場合は
是非チェックしてみてください。
ギタースタイル プラチナメンバーシップ


作っていて思ったのですが、
この動画を全部見れば僕のアドリブの知識は全部盗めると思います。


「僕が何を考えて、どうやってフレーズを作り、
アドリブを弾いているのか」

出し惜しみなく全てお話しています。


僕がアドリブを始めたころに
こういうのがあればいいのになぁと思って作ったもので、
脱アドリブ初心者を目指すなら最短の道だと思いますよ。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

手グセで覚えるアドリブギター講座

久しぶりに無料の動画講座作ってみました。


こちらにアップしたので、
アドリブに興味あればぜひご覧ください。
手グセで覚えるアドリブギター講座

動画楽しんでもらえると嬉しいです。


では、短いですがこの辺で!
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

タブ譜アップしました。

以前お届けした
”バッキングとリードを同時に弾くアドリブ”ですが、
タブ譜の要望をたくさん頂きました。


やっぱり反応があると嬉しいです^^


このシリーズは今のところ2つアップしているのですが、
要望が多かった方のタブ譜を載せているので、
ぜひご覧になってください。

バッキングとリードを同時に弾くアドリブ


もう1つの方はこちらです。
バッキングとリードを同時に弾くアドリブ(ブルース)


もしこのようなソロに興味がおありでしたら、
明日から一般募集する予定の
”王道フレーズ集”をチェックしてみてください。


”開放弦+王道フレーズ集のフレーズ”と
単純に組み合わせるだけで
色々なパターンができますよ。


詳しくは明日お話したいと思います。
では今日はこの辺で!
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

簡単にアドリブソロを作る方法

今回は、昨日お届けしたアドリブソロの作り方をお話してみます。
昨日お届けしたタブ譜


と言ってもとても単純で、

「6弦開放弦を2拍+Eマイナーペンタトニックを2拍&1小節」

これを延々弾いているだけです。


ポイントはたった1つで、

”1〜2小節程度の短くてカッコいいフレーズを
たくさん覚えて弾く”

たったこれだけです。


このソロの場合、開放弦部分含めて2小節一塊ですので、
2小節で1段落付けて、また新しいパターンへ・・・

これを繰り返すだけでOKです。


カッコいいフレーズをたくさん知っていれば
何小節でも弾いていられるのです。


そして、そんな短くて使えるフレーズを
100個集めたのがこちら
マイナーペンタトニックスケール 王道ギターフレーズ集


14本の動画レッスンもあるので、
応用法・活用法なども一緒に身につけられるので
ぜひチェックしてみてください。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

カッティングリフからのアドリブ

昨日、アドリブ実演音源を録ってみました。


簡単なリフを作って、
それを元に発展させていくような感じになっています。


良かったら聞いてみてください。
バッキングとリードのアドリブ カッティング風
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

カッティング風アドリブソロのタブ譜

以前ここでも紹介した
”バッキングとリードのアドリブ カッティング風”の音源ですが、
コメントをたくさん頂いたのでタブ譜をアップしました。


結構小技を使っているのでタブ譜には載せられませんでしたが、
音源と聞き比べてニュアンスを出してくださいね。


それでは、こちらからご覧ください。
バッキングとリードのアドリブ カッティング風のタブ譜
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

実演動画アップしました。

昨日アドリブソロのタブ譜をアップしましたが、
今日はその実演動画もアップしてみました。


小技なんかも色々使っているので、
実演動画を見て確認してみてください。


動画はこちらにアップしています。
リードとバッキングのアドリブ カッティング風


また、このデモ演奏で使っているテクニックや
スケール解説の動画プレゼント企画も開始しました。


詳しくは上記のページでお話しているので、
ぜひチェックしてみてください。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

アドリブ音源

昨日、スタジオに行った際に5分ほど時間が余ったので、
こんなものを録ってみました。

フリーなアドリブ

2分くらいの演奏なので、
ぜひ聞いてみてくださいね。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

ソロの構成

先日、とても興味深い質問を頂いたので、
今日はその回答と補足をしたいと思います。


その後に1つお知らせもあります。


では行ってみましょう!


『ギターソロがいつもスケール練習の延長になってしまい、
つまらないものになる』


youtubeの動画付きだったのでお答えしやすかったのですが、
これってきっと誰でも通る道なんでしょうね。


質問には音声で回答しています。
回答音声
僕もこの壁を乗り越えるのに相当苦労しました。


 ・スケールは覚えた
 ・使い方も知ってるし、実際に使える
 ・でもカッコ良くない


これ以上何をしていいのかわからず、
「やっぱりセンスないのかも…」と思っていた時期があります。


ただ、これは「ソロの構成」を学べば
クリアできるようになります。


と言っても、構成法なんて教えてくれる場所なんて
ほとんどないと思いますが(汗)


スケールを覚えるのは、毎日スケール練習するだけですから
誰にでもできます。


でも、その先がなかなか難しいんですよね。


盛り上げ所などを頭で考えるのではなく、
体が身に付くようになるまで
たくさんのソロを研究し、実践を繰り返した記憶があります。


その研究の結果、
”こういう流れで弾けばカッコ良くなるよ〜”といった
パターンもある程度わかってきました。


アドリブ、もしくはソロ作成の初心者の場合は
この型に当てはめて弾けば
意外とすんなりカッコいい流れのソロができます。


訓練方法は自分がかっこいいと思ったソロの流れを
徹底的に解析することです。


 ・どうやって盛り上げていくのか?
 ・盛り上がる箇所の前後は?
 ・ソロの出だしは?
 ・ソロの締めは?
 

このような箇所に注目して聞きます。


これは音楽を聞くだけですから、
手元にギターがなくても訓練できます。


こーゆー観点で聞いてみるのもなかなか面白いですよ。



■お知らせ


明日、11月10日の午前中(9時頃)から、

”全くのアドリブ初心者が
30日後にセッションデビューする方法”

このようなプログラムを公開します。


もちろん、今日お話したソロの構成なんかも
具体的にお話します。


30分くらいの動画をお届けする予定ですので、
楽しみに待っていてください。


それではまた明日!
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

ブルースセッション30日集中講座

「アドリブ初心者でも30日間で
ブルースセッションデビューする力を身につける」


こんなテーマの講座を作ってみました。


実際に何人もの方がこの通りに練習して
30日間でセッションデビューしているので、
効果は実証済みです。


無料動画ですので
ぜひご覧になってください。

ブルースマスターコース 30日集中講座
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

マイナーペンタトニックに飽きたら

先ほど、ブログにブルースソロの
実演音声をアップしてみました。


今回のテーマは

 ・マイナー&メジャーペンタトニックを組み合わせる
 ・指板全体を使う

この2点を意識しながら
弾いてみました。


音声はこちらから聞けます。
ブルースソロ

ブログにちょっとしたお知らせもあります。

詳しくは上記ページをご覧になってくださいね。
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習

2月17日までの限定オファー

昨日、ブログで軽く触れましたが、
新しい教材の公開準備が出来ました。


全く新しいというよりも、今まであった教材の
大幅バージョンアップといった感じになっています。


2月17日までは割引き価格&
特典がてんこ盛りですので、
今すぐこちらのページをご覧になってください。



追伸:


「ギター歴が数ヶ月、音楽理論の知識ゼロだけど
アドリブを弾いてみたい」

「初心者のレベルは卒業したけど、
なかなか次のステップに進めない(伸び悩んでいる)」

という場合は特に今回の限定特典は
見逃さないでください。

17日までの限定オファー
| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター アドリブ練習
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。